ご利用されるお客様へ~必ずお読みください~

なぜレンタルキャンピングカーで事故を起こす高額になるのかお話ししたいと思います。

高額になる理由① 代替の車両を用意するのに膨大な時間がかかる。

キャンピングカーは普通乗用車と違い、発注してから納車されるまで非常に長い時間がかかるのです。
新車で注文しても1年以上かかります。
代わりの車両が来るまでその車両の利益は0になります。
また、その車両を利用するために予約を入れていた人にキャンセルしてもらわなければなりません。
その際の料金が発生する場合がございます。

高額になる理由② 業務用の保険が高い

当たり前の事ですが、業務用の保険は事故率が高いので一般用の保険と比べても高価です。そして、一般用と同じく等級制度があり、保険を使用すると、3等級下がってしまいます。これを繰り返すととんでもない保険料になってしまうのです。
ノンオペレーションチャージは主に保険の上昇分に充てられることが多いのですが、等級が下がっている状態でさらに事故で保険を使用すると上昇分がカバーできなくなり赤字になってしまします。

高額になる理由③ 単純な修理でも長期間かかり、その間貸し出しできない

↓写真のような事故になりますとさらに時間がかかり、貸し出しも出来ません。

 

写真はレンタルされたお客様が運転中に店舗の看板にぶつかってできた損傷です。
狭い道で対向車を意識して左に寄った時に、お店の軒先にズドン!です。
他社のお話を聞きましてもキャンピングカーの高さを見誤った自損事故はかなり多いです。
特殊な外板を採用している車種は時間がかかる可能性があります。
外板の損傷だけではなく、写真のようにフレームや断熱材、内部の配線に影響もあります。
当然、特殊な車両ですので修理費用は高額になります。

横風の影響による事故にもお気を付けください

  • キャンピングカー見ればお分かりになる通り、車高が高いので当然の事ながら重心が高くなります。
重心が高くなれば、カーブでの限界速度は下がります。限界を超えれば簡単に横転してしまいます。
そして、車高が高くなるということは横風の影響を多大に受けるということです。
  • 重量が重いです。
分かりやすく言えば、トラックに荷物を満載して走っている状態です。
重量が重ければコーナリング性能とブレーキ性能が落ちます。
  • スピードは控えてさ下さい
これからレンタルして乗ろうとしているのは「車」じゃなくて、「キャンピングカー」です。
高速道路では一番左の車線を80km/hで走る。
カーブの道では最徐行して走る。

 

正直、ノンオペレーションチャージをいただいても赤字になることがとても多いのです。

もちろん払わないで済むのならそれが一番いいに決まっています。
それはやはり、「安全運転で旅を楽しむ」につきると思います。

キャンピングカーを普通車感覚で運転すると事故にあう可能性が劇的に上がります。

キャンピングカーの運転方法についての動画をご覧ください。

事故を起こしてしまうと誰も得をしません

楽しい思い出を作るはずだったのに、台無しになってしまうだけでなく、高額な支払いが来るなどダブルパンチになってしまいます。

キャンピングカーを利用されるときは、運転に自信がある方でも、どうか運転について十分な予習をおねがいいたします。

とにもかくにも「高さに注意・速度は80キロ以下・急のつく動作をしない」をしっかり守って楽しくドライブを楽しんでくださいね。

レンタルされる車両に説明書・運転についての注意事項説明がありますので、必ずお読みください。

「10分でわかる!キャンピングカーの安全運転テクニック」